nonjING礼服豆知識

パーティー 結婚式 披露宴 2次会 卒業式 成人式 法事など冠婚葬祭の服装2

礼服の種類

6種類の代表的な正しい礼装を紹介させて頂きます

ダークスーツ (平服)

ごく普通の濃い色をしたスーツの総称
形式にこだわらないパーティーや披露宴・ドレスコードで「平服」指定の時などに着用
通常ビジネススーツの代名詞として用いる事が多いです

祝儀
ウィングカラーシャツ+アスコットタイ
祝儀
ウィングカラーシャツ+蝶タイ
不祝儀
通夜
ホワイトシャツ+黒ネクタイ

葬儀の際は、近親者はブラツクスーツ(略礼服)
一般の参列者はダークスーツに黒ネクタイが葬儀の式服です

ブラックスーツ (略礼服)

日本では着方により朝から夜まで、パーティー 結婚式 披露宴 2次会 卒業式 成人式と フォーマルな場に幅広く対応出来るとても便利な服です
シングル1つボタン、ノーベント、ピークドラペル、フラップなしポケットが定番ブラックスーツの仕様
拝絹は有りません、これがタキシードとブラックスーツの大きな相違点です

祝儀
ウィングカラーシャツ+黒&グレーベスト+アスコットタイ+ポケットチーフ
祝儀
ウィングカラーシャツ+蝶タイ+カマーバンド+ポケットチーフ
不祝儀
通夜
ホワイトシャツ+黒ネクタイ

結婚式の際、日本では定番であるブラックスーツに白ネクタイは間違った礼装です
実は他国の方から見ますと、マフィアスタイルとなりますので要注意!!

モーニング (昼の正礼服)

モーニングフルドレスセット

ジャケット:モーニングコート
パ ン ツ : コールパンツ
ベ ス ト : グレーベスト
シ ャ ツ : ウィングカラーシャツ
 タ イ : アスコットタイ(白×黒の縞模様)
アイテム: 白ポケットチーフ
ボ タ ン : カフス釦は真珠又は白蝶貝
シューズ: 黒の紐付き革靴
モーニング
祝儀
立衿シャツ+黒orグレーベスト+アスコットタイ+白ポケットチーフ
祝儀
なし
不祝儀
通夜
ホワイトシャツ+黒ネクタイ

元は朝の散歩服の為、夕暮れ頃からの着用はNGです

ディレクターズスーツ (昼の準礼服)

その名の通り、かつては重役クラスのビジネスウェアとして流行した服
日本のディレクターズスーツは、1990年代始めにブラックスーツ(略礼服)の上着とモーニングのコールズホンを組合わせて商品化されたものです

ディレクターズスーツフルセット

ジャケット:ブラックジャケット
パ ン ツ : コールパンツ
ベ ス ト : 黒orグレーベスト
シ ャ ツ : ウィングカラーシャツ
 タ イ : アスコットタイ(白×黒の縞模様)
アイテム: 白ポケットチーフ
ボ タ ン : カフス釦は真珠又は白蝶貝
シューズ: 黒の紐付き革靴
ディレクターズスーツ
祝儀
ウィングカラーシャツ+黒orグレーベスト+アスコットタイ+ポケットチーフ
祝儀
 なし
不祝儀
通夜
ホワイトシャツ+黒ネクタイ

夕暮れ頃からの着用はNGです

テールコート (夜の正式礼服)

別名:燕尾服・イブニングコート
特殊6つ釦、拝絹地ピークドラペル、センターベント、脇ポケなしが定番のテイルコートの仕様
独特のテールデザインがツバメの尾に似ている事から、燕尾服と呼ばれる様になりました

テイルコートフルドレスセット

ジャケット:燕尾服
パ ン ツ : タキシードパンツ
ベ ス ト : ホワイトベスト
シ ャ ツ : イブニングシャツ
 タ イ : 白蝶タイ
アイテム: 白ポケットチーフ
ボ タ ン : カフス釦は真珠又は白蝶貝
シューズ: 黒エナメル
テールコート
祝儀
なし
祝儀
ウィングカラーシャツ+黒ベスト+白蝶タイ+ポケットチーフ
不祝儀
通夜
なし

テールコートのテール部分を切り落とした形のジャケットをメスジャケットと言います
元は海軍礼装の1つ、正式なディナーの席で着たディナージャケット(タキシード)です

タキシード (夜の略式礼服)

米タキシード:仏スモーキングジャケット:英ディナージャケット
シングル1つ釦、ノーベント、拝絹地のショールカラー、フラップなしポケットが定番のタキシードの仕様。
ラペルの光沢のある布地は、拝絹(絹の朱子織)と言い、拝絹を付けた由来は、 電気の無い時代、ほのかな灯りでも光の反射で顔がよく映えて見える様に付けられたと言われています

タキシードフルドレスセット

ジャケット:黒タキシードジャケット
パ ン ツ : タキシードパンツ
ベ ス ト : カマーバンド
シ ャ ツ : ウィングカラーシャツ胸プリーツ入
 タ イ : 黒蝶タイ
アイテム: 白ポケットチーフ
ボ タ ン : カフス釦はオニキスor黒蝶貝
シューズ: 黒の皮靴(ひも無し)
タキシード
祝儀
 ウィングカラーシャツ+カマーバンド+黒蝶タイ+白ポケットチーフ
祝儀
 ウィングカラーシャツ+カマーバンド+黒蝶タイ+白ポケットチーフ
不祝儀
通夜
なし

タキシードの衿の形の元祖はショールカラー。ピークドラペルは後発になります

祝儀礼服着こなし術

ここまで礼装のルールと種類を説明致しましたが、
なんだか堅苦しく小難しいとお感じになりませんか?
実際今ではフルドレスを着用する機会はほとんど無くなりました。
その結果正しい礼装をしているはずが、
周りはブラックスーツ+白ネクタイの間違った礼装集団の為に、
その場から浮いてしまうかもしれません。

結婚式の定番ブラックスーツ+白ネクタイは、
戦後とある服飾メーカーが「ソシアル・スーツ」(社交服)という名で、
白いタイとブラックスーツをセットで商品化、
それが流行定着してしまっただけで、まったく根拠のない礼装です。

では、どのように着こなせば???

ドレスコード、無い場合は時間・場面・立場にあった服装の
基本ルールを参考に、自分流の着こなしを楽しんで下さい。

重要なのは、服装によってお祝いの気持ちを表す事です
祝事の席ですので、華やかな雰囲気を盛り立てる事が最重要です

 

礼装アイテム詳細へ